アダラート服用を考え中の僕

高血圧治療中のみなさん、こんにちは。私は高血圧に悩む男性です。このたび降圧剤である「アダラート」の服用を検討しようと思い、自分のためにアダラートについて勉強するついでにサイトを立ち上げてみました。みなさんの参考になれば幸いです。

アダラートと高血圧に悩む男性の写真

アダラートを飲むタイミング

カルシウム拮抗薬に分類される降圧剤として頻繁に使用されるようになっているものの一つがアダラートです。アダラートのようなカルシウム拮抗薬は多くの患者に対して高い降圧作用を示すことが多いという信頼性があることや、長く使用されてきた経験があることから、医者にとって使用しやすい医薬品となっているのが頻用される理由となっています。特にアダラートはもともとは短時間しか作用しない医薬品として血圧管理には使いづらいものでしたが、徐放性座が開発されたことによって一日一回の経口投与で血圧を管理できるようになりました。患者にとって飲む回数が少なくて良いというのは飲み忘れを防いだり、飲み過ぎを防いだりするという観点から重要なことであり、ますますその使用頻度を高めることにつながっています。患者にとってはアダラートをいつ飲むかということが問題になりますが、基本的には一日一回という制約を守ればよく、朝昼晩のいずれかの食後に飲むということを選ぶのが一般的です。他に処方されている医薬品と同時に飲むようにすることによって飲み間違いや飲み忘れを防ぐということもよく行われている試みであり、そうすることによって血圧管理を確かに行うことができるようになります。一方、患者によっては夕食後や就寝前に飲むことが推奨される場合もあるので注意が必要です。一日一回で血圧をコントロールすることができるといっても、その血液中のアダラートの濃度は刻々と変化します。飲んだ頃に比べると、次に飲む直前の血液中の濃度が低くなっており、降圧作用が小さくなっているのが事実です。早朝高血圧が問題になっている患者に対しては朝に飲まずに夕食後や就寝前に飲むことで早朝高血圧のコントロールを行うことが大切になります。

アダラートの価格、どこでの仕入れがお買い得?

高血圧の治療や狭心症の発症を抑えるなどの理由でアダラートを処方されたときには、少しでも安く購入をしたいものですが、薬局で買おうとすると比較的高い値段で取引されていることがあります。薬局によって60錠や30錠あるいは10錠で売るなど違いがあるため、安いと思って錠数が少ないものを誤って買わないようにしなければなりません。店頭で買うよりもいくらか値段が下がって売られているのは、ネット通販です。店舗や接客がない分、人件費などがかからないため、アダラートの価格も違っていますが、仲介業者を通して仕入れているネット通販は店頭よりも高い価格が付いていることがあるため、注意が必要です。一番価格が安く取り扱いを行っているのは、メーカーである業者から直接仕入れているネット通販であり、海外医薬品の代行輸入を実施している業者です。アダラートはドイツが製造国ですから、海外輸入を代行している専門店での取り扱いがあります。日本でも製造販売許可を得ている業者がありますが、材料費などの違いからドイツから買い求めたほうが概ね安い価格になっています。アダラートの販売価格が極端に安いときには、本物かどうか怪しいので注意が必要です。特に日本以外の業者が運営しているネット通販を利用して買った時には、パッケージや薬の包装などが本物と違わないか良く確かめて、明らかに違うときには飲まないようにしたり問い合わせて確認をするべきです。偽物の薬は何が原料で作られているか分かりませんし、病気に有効的に作用しないため状態を悪化させてしまうこともあるので、信頼できるネット通販店であり、こまめに連絡を取ることができるサイトを利用したほうが安全な薬を買えます。

アダラート服用前の注意点まとめ

高血圧症は収縮期血圧/拡張期血圧が140/90mmHg以上の状態をいいます。日本では食生活の欧米化によって、脂質異常症や糖尿病の有病率が増加してきており、それに伴い動脈硬化の進行している人も増加傾向にあります。動脈硬化によって血管は柔軟性を失い、過剰な血圧が血管壁にかかりやすくなります。よって高血圧症の有病率も年々増加傾向にあります。高血圧症の治療においては何より血圧のコントロールが重要となります。血圧コントロールの為に、運動療法や食事療法も積極的に行われますが、何より重要視されるのが薬物治療です。高血圧症治療薬としてはカルシウム拮抗薬、アンギオテンシン受容体拮抗薬が治療の中心となっていますが、その他にも利尿剤やβ受容体遮断薬、アンギオテンシン変換酵素阻害薬も広く使用されています。高血圧症治療薬の中心的存在のカルシウム拮抗薬の代表格として有名なのがアダラートです。アダラートは昔から盛んに使用されていましたが、1日3回の服用が必要でした。しかし近年はCR錠、L錠などの徐放性製剤の登場によって1日1回の服用でも血圧コントロールが可能となってきています。このことから現在でも盛んに使用されています。アダラートの服用前の注意点に関してですが、飲み初めにはまずめまいやふらつきといった低血圧症状が起こることがあります。こういった症状が出た場合に車の運転や高所での作業を行うと非常に危険です。ですからめまいやふらつきが起こる可能性を頭の中に入れて行動しておくといいでしょう。また歯肉肥厚が現れやすいことも特徴です。もし歯茎が厚くなったと感じた場合には早めに主治医に相談するようにしましょう。またグレープフルーツは薬の動態に影響を与えるので摂取を控えておきましょう。

■アダラートなどの高血圧症治療薬を使いましょう
ニフェジピンはどんなお薬?