アダラート服用を考え中の僕

高血圧治療中のみなさん、こんにちは。私は高血圧に悩む男性です。このたび降圧剤である「アダラート」の服用を検討しようと思い、自分のためにアダラートについて勉強するついでにサイトを立ち上げてみました。みなさんの参考になれば幸いです。

アダラートと高血圧に悩む男性の写真

アダラートの作用機序について

高血圧は様々な要因によって起こり、血液を流そうとすることで圧がかかった状態です。例えば血液が凝固してドロドロとなっている場合は、血液の巡りが悪くなるため心臓が圧力を上げて押し流そうとします。こうして、少しずつ血管に負担がかかるようになると、ボロボロな状態となり、何れ破けたり何処かで詰まる原因ともなります。また、血液の流れが悪いと体の様々な臓器や細胞に栄養などが運ばれなくなり、狭心症などの胸の痛みを感じるようになります。こうした高血圧や狭心症の治療のために使用されるのがアダラートで、ニフェジピンを有効成分にしたカルシウム拮抗薬に分類され、血管を広げることで血の巡りを良くして血圧を低下させます。カルシウムは骨の成分として有名ですが、血液内では血管の拡張や収縮に関与している成分です。血管平滑筋の細胞内では電位依存性のカルシウムチャネルがあり、細胞外からカルシウムが流入すると血管が収縮することから血圧が上昇するようになります。実際にはもっと複雑な作用がありますが、カルシウムの流入を防ぐことで血管が収縮するのを防ぐことができるため、アダラートによってカルシウムが細胞内に侵入するのを防ぎます。カルシウムの流入量が減ることで、血管の収縮が抑えられるだけでなく拡張されることから、血圧が徐々に低下するようになります。ニフェジピンは特に心臓に栄養を送る血管となる冠動脈に対して高い選択性を示すことから、狭心症に効果的な治療薬となります。アダラートを初めて使った人や、使い始めの頃は血液の流れが非常に良くなるため、頭痛やめまい、動悸といった初期症状が起こりやすくなっています。副作用とも言われますが、薬効による作用なので特に気にする必要はありません。

アダラートのジェネリックはある?

高血圧の治療薬に対して第一選択されるお薬としてアダラートという降圧剤があります。日本においても古くから使用されているお薬でとても信頼性と効果の高いお薬です。このアダラートの有効成分はニフェジピンといい、服用することで血圧値を安定させ、高血圧から引き起こされる脳卒中や心臓病、肝臓病などの発病リスクを低減させることが可能です。またアダラートのジェネリック医薬品としてカルシガードと呼ばれるお薬も存在します。カルシガードはアダラート同様の成分と効果をもつお薬ですが、先発薬品であるアダラートよりも薬の開発費などのコストが買っておらず、安価で購入することが可能です。カウシガードの購入方法についてはインターネット通販などを利用すると良いでしょう。インターネット通販とは個人輸入代行会社が運営するサイトで、本来日本で安全性がとれていない未認可のお薬や医師の診断のもと処方を必要とする処方薬の販売や転売は薬事法で禁止されておりますが、個人の利用を目的とする場合において、合法的に世界中の優れたお薬を取り寄せることが可能となっております。しかし、中には偽薬を扱う業者や悪徳業者も存在しており偽薬と知らず服用し副作用が強くでたなどのリスクも数多く報告されております。その為インターネット通販などを利用しカルシガードのようなお薬を購入する場合には、信頼のおける通販サイトを探し出さなければなりません。また、お薬についてもある程度の知識を持つことで、偽物や疑わしサイトの判断が可能です。また、厳しい審査のあるクレジット会社を通じたクレジットカードの利用の有無や実際の利用者の口コミや体験談なども大変参考になるので、安価でお買い得とだけ判断するのではなくお薬の安全性についても良く考え利用しましょう。

アダラートにも種類が分かれている

高血圧の治療において重要となるのが血圧のコントロールであり、本態性高血圧であっても二次性高血圧であっても、その根本治療が達成されるまでの間は血圧を目標値にまで低下させておくことが大切になります。そうすることによって血管や心臓などの臓器負担を軽減することができ、動脈硬化や心不全などの合併症を伴うリスクを下げることができるからです。そのため、高血圧の治療においては降圧剤を使用するということが古くから行われてきており、現在でも標準的な治療法として行われています。その際に用いられる降圧剤として頻用されているものの一つがアダラートです。アダラートはカルシウム拮抗薬として知られる降圧剤であり、市場に登場した当初は使いづらい降圧剤という印象を受けていました。作用が強いものの、短時間しか作用しないために高血圧患者の血圧を長時間にわたって安定させるのが難しかったからです。そのため、剤形の工夫によってこの問題の克服が行われてきたという歴史があり、アダラートは効果の持続性によって種類が分かれています。最も初期に登場したアダラート錠に加えて、持続性が長いL錠が開発され、さらに効果が持続するCR錠が開発されて市場に登場しました。現在では一日に一回の服用で効果的に血圧を安定させることができるCR錠が最も頻用されているものの、状況に応じて使い分けができるようにどの製剤も市場に残っています。こういった種類の違いがあることはアダラートを使用する上では認識しておかなければならないことです。特に個人輸入によって手配する際には剤形を間違えてしまうことによって降圧効果がまるでことなる種類のものを使用することになり、血圧のコントロールに支障が生じたり、副作用が発生したりするリスクができてしまうからです。